紫外線を気にせず遊びを楽しむ!場面に応じたUVケア

紫外線を浴びてしまうような場所では、日焼け対策が必要です。
しかし、どの場面でも同じ対策ではいけません。

例えば、プールなら水に落ちることを想定した対策をして、海ならいつもより念入りになど、場面に応じて変えることがポイントです。

水に入ることなくプールや海を楽しむ場合

海やプールは周りに建物もなく、紫外線を浴びやすい環境です。
水に入らないからといっても、必要なUVケアはあります。

まずは、肌を守りたいなら、長袖ファッションがオススメです。
中でも、UVカット機能のある洋服を選びましょう。
帽子や日傘も必須アイテムです。

パラソルやプールなどで使える簡易用のテントがあるとなおいいでしょう。
また、紫外線をカットできても汗はかきます。

UV化粧品を持参して、いつでも化粧崩れを治せるように準備しておくと完璧ですね。

せっかくの海やプール!思いっきり楽しみたい場合

飲む日焼け止めをご存知ですか。
紫外線を体内からケアするものです。
ただし、そのときだけ飲んでも効果はありません。
前もって飲み始め、出かける日に備えてください。

飲み始めたのが遅くなり、効果が期待できない場合にはウォータープルーフの日焼け止めクリームも併用しましょう。

UVケアクリームは、水から上がるたびに塗り直してください。

また、休憩時間などの際には、シャワーを浴びて体を冷やすことも忘れずにやっておきましょう。

帰宅後は、美白ケアでさらにケアすることもポイントです。
紫外線を甘くみてはいけません。
どんなにケアしても足りないくらいです。

油断して後からシミやソバカスになるなんていうことは嫌ですよね。
UV防止機能があるラッシュガードや帽子など、できる限りのUV防止対策を徹底してください。
そこまですれば、紫外線を気にせずに思い切り楽しむことができます。

私はここを参考にしました⇒海 日焼け止め

関連記事


    手や腕の紫外線対策で完璧な美白へ 紫外線対策というと、顔をイメージする人は多くいます。 もちろん、顔も大事ですが、実は顔よりもケアする必要があるのが手や腕です。 暑い時期になると、半袖焼けや時計焼け、…


    徐々に照りつける太陽の光が強くなる夏に入ってきましたね。 太陽の光を気にし始めるとお肌の日焼けによるシミが特に、気になり始めます。 紫外線は365日、わたしたちの肌に降り注いでいるとは言われています。…


    「レモンの汁を顔につけるとシミが目立たなくなる」 という話を耳にすることがありますが、本当ではありません。 レモンの成分はメラニン生成を活性化するので、輪をかけてシミが誕生しやすくなってしまうわけです…


    軽い付け心地と潤いにびっくり!美白UVプロテクターA+ いつも安い日焼け止めを使っていたのですが、そろそろシミや肌のくすみが気になり始めて、人気のアネッサを使ってみました。 アネッサにも色々とあります…