同じ初期ニキビでも黒ニキビと白ニキビの違い

黒ニキビは初期段階のニキビの一種であると言われています。
白ニキビも初期ニキビなのですが、両者の違いは何なのでしょうか。

白ニキビの白は毛穴に詰まった皮脂のことです。
角栓でフタされた毛穴に行き場を失った皮脂がとどまってしまって白くなった状態です。
ニキビの症状が進むと皮脂はまだまだ分泌されます。行き場がなくてもお構いなしに。
皮脂だけではありません。角化物質、脂肪酸も皮脂と共に溜まるようになり、やがてニキビの元凶とも言われるアクネ菌も入り込んできます。
すると毛穴はパンパンになり、皮脂はとうとう入りきれなくなって毛穴から飛び出して肌の表面に露出されるようになります。
すなわち、空気に接する状況になり、油分である皮脂は酸化されます。油分が酸化すると黒く変色するのは、日常でも見かけたことがおありでしょう。
それが肌の表面でも起こり、黒いかたまり=吹き出物になります。

これが黒ニキビと言われるものなのです。同じ初期ニキビでも黒ニキビは白ニキビから進んだ状態です。
さらに悪化していく前段階ともいえます。

黒ニキビを一般的に治療するには

黒ニキビも白ニキビも治療法と大きな違いはありません。
毛穴の詰まりを解消するように働く外用薬がありますので、それを患部に塗り込みます。外用薬の一つ、サリチル酸ワセリンにはピーリング機能もあるので相乗効果が期待できます。
また、面皰圧出といって押し出す力を加えることで黒ニキビを物理的になくする方法もあります。
面皰圧出を行うとすぐに黒ニキビが目立たなくなり、皮膚がきれいになります。

ルフィーナについて、私が参考にしたのこちら⇒ルフィーナ 口コミ

関連記事

    None Found