蟹は高いから貴重

日増しに寒くなってきて、美味しいものも増えて来ました。

蟹もその一つで、日本海の蟹解禁日も近づいて来ました。

蟹といえば、京都北部の「間人」や福井の「越前」などが有名です。

ですが、日本の蟹は高額なので、あまり手が出ません。

セコガニという蟹も出回るのですが、小さいために脚肉は殆ど食べられません。

主に腹部分のカニミソやタマゴを楽しむようです。

冬といえばやっぱり蟹でしょ

毎年12月になると、蟹の通販サイトが賑わいます。

忘年会、クリスマス、お正月、新年会など、人が集まる機会が増えるため、

蟹料理が登場します。

よく冷凍のズワイ蟹を見かけますが、ロシア産の物が多いようです。

蟹の殻が硬いために殻を全部取り除いたもの、ツメ肉だけのもの、脚部分だけのものなど、

料理目的や好みによって選ぶ事ができます。

参考サイト: かに本舗 楽天

蟹だけで豪華に見えるため、調理もシンプルでよいので、主婦としてはありがたいものです。

焼きガニ、水炊き、雑炊になど、特別に味をつけなくても、

蟹そのものが持つ味で十分美味しく味わえるものです。

ですが、本物の蟹は、値段が高いため、手軽にとは買えません。

なので、リーズナブルなカニカマボコをよく買います。

このカニカマボコは、本物の蟹を似せて作られているので、料理の幅が広がります。

マヨネーズであえてサラダにしたり、きゅうりとワカメの酢の物に加えたり、

冷麺の具材にしたりと、本物の蟹では出来ない調理法が思い存分に出来たりします。

このように、普段の料理はカニカマボコを使って、

特別な日には本物の蟹を楽しみたいなと思います。

関連記事

    None Found