外壁は、日常的にはあまり意識して見たりはしないと思います。
ふとした時に、汚れなどが気になる時などはたまにあるかもしれません。
外壁に、できてしまったりすると厄介なのものと言えば、クラックです。
クラックは、知らない間にどんどん増えて言ったりしてしまい、気づいた頃には大変な事になっていたりします。
外壁にクラックができてしまうと、建物の寿命に関わるなど、大きな影響を建物に与えてしまいます。
クラックを見つけた際には、補修する必要があります。
補修方法は、いくつかあります。
一つ目の補修方法は、コーキングという道具を使い行います。
まず、現在あるクラックをUの字にカットし、綺麗で均等なクラックを作ります。
これは、補修材がクラックの中に均等に入るようにするための補修方法です。
この補修方法を行わないと、クラックの中で補修材が破損してしまう可能性があります。
次の補修方法は、全体塗装です。
クラック部分だけをすると、周りと違いが出てしまうため、外壁全体を補修してしまう補修方法です。
他に、プライマー塗布です。
クラック部分が、しっかり乾燥していることが確認できたら、使用するコーキングのプライマーを塗布します。
このように、クラックの補修方法には様々あります。
クラックを見つけた際には、どの補修方法があっているかを考え、しっかりと補修しましょう。

外壁におけるクラックの補修方法について詳しいことを知りたい人はこちら↓↓↓
外壁 クラック 補修方法

関連記事