太陽光発電の歴史は、アメリカにおける1954年の太陽電池の発明にその起源を見出すことが出来ると言われています。
この太陽電池の発明により、様々な改良が重ねられ、年月が経った現在、太陽光発電として私達にとっても、とても身近な存在になってきています。
私達が太陽光発電について注目するようになったのは、やはり東日本大震災による影響が大きのではないでしょうか。
震災前の私達の電力に対する考え方としては、電力は万人に供給されて当然のものという認識があったことと思います。
それが震災による停電により、多くの世帯で電気が止まり、多くの混乱を招いたことからその教訓として電力というものの存在を改めて見直すようになったと思います。
そうした中で脚光を浴びるようになったのが太陽光発電だと思います。
太陽光発電を導入することによって、誰もが電力を自給することが出来る時代に突入し、現在では町のいたるところに太陽光発電が見られるようになりました。
そうした背景には、人々の意識の変化だけでなく、太陽光発電を扱う企業からの売り込みも大きく影響していると考えられます。
現在電力自由化に向けて国がシフトしている中で、太陽光発電はまさに全盛期を迎えているともいえますが、抱える問題もゼロではなく、国民全体で電力についてもう一度考えるべき時期に差し掛かっているといえるのかもしれません。
太陽光発電について詳しく書いてあるのでこちらも参考にしてください。⇒太陽光発電 歴史

関連記事


    太陽光発電のトラブルで一番あるのは何かというとそれは太陽光発電をせっかく高い費用を出して導入したのに思ったよりも発電しなかった時です。 これが意外とあるので太陽光発電は注意が必要になってきます。 特に…


    今現在自宅に太陽光発電の設備がある家庭も多いと思います。 ですが、そういう方も意外と台風が来た際の太陽光パネルの注意点についてあまり考えていないと思います。 それはどうしてかというと、多くの方は台風が…